TL・BL特化の漫画最新ネタバレあらすじと感想をお届けしています。無料で読める方法も公開中!

クソ上司はヤリ愛でるものと心得よ【第2巻】最新話のネタバレあらすじと感想《海野えび》

WRITER
 
クソ上司はヤリ愛でるものと心得よ2巻
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『クソ上司はヤリ愛でるものと心得よ』第2巻のネタバレあらすじと読んだ感想をお届けします。

 

 

前回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

ちなみに、クソ上司はヤリ愛でるものと心得よの作者海野えび先生の作品は、まんが王国で無料試し読みできますので以下チェックしてみてください!

 

 

▼無料試し読みはこちら!▼

※「クソ上司」で検索すると出ます!

 

 

※全話まとめのリンク

クソ上司はヤリ愛でるものと心得よ【第2巻】最新話のネタバレあらすじ

 

「俺のこと覚えててくれてたんだ・・・嬉しい・・・」

 

 

あの日飲みに行った際、トイレに行ったっきり出てこなくなった上司・丹羽さんを心配して探しにいくとトイレの中で密かに抜いていた・・・

 

 

しかも彼は虎尾がバリタチウリ専ボーイとしてバイトしていた頃のお客さんであったことが発覚・・・そして今に至るという訳だ。

 

 

衝撃の告白(?)からしばらく・・・パワハラ上司の丹羽さんは特に変わっていなかった。

 

 

以前と変わらず呼びつけられ、無理難題を押しつけられる虎尾。

 

 

少し変わったことといえば、新しい弱点を発見したこと。仕事を押し付けられた際に資料を受け取るついでに手首をそっと触ると効果抜群・・・!

 

 

丹羽さんは過剰反応してしまい、資料を落としてしまう。

 

 

「どうかしましたか?」

 

 

白々しく、尋ねる虎尾に対し丹羽さんは動揺を隠せない様子で・・・

 

 

「っお前・・・!とにかくそれやっとけよ!」

 

 

忙しなく散らかしたものを片付ける。

 

 

この人俺のことめちゃくちゃ好きだろ・・・

 

 

そう思えば日々の小言やあれこれも可愛いもの。

 

 

「丹羽さんまた飲みに行きません?」

 

 

不意打ちをし、耳元で虎尾が囁くと、丹羽さんは顔を真っ赤にしてもう何もいえなくなってしまう。

 

 

俺の目下の楽しみはクソ上司を愛でること。

 

 

「お前最近どうしたんだよ」

 

 

社員食堂で同僚が訪ねてきて・・・?!

 

 

クソ上司はヤリ愛でるものと心得よ【第2巻】最新話の感想

 

第一話で衝撃の展開でしたね!!

 

 

まさかの虎尾の元バイト先のお客さんが今のクソ上司で、めちゃくちゃ惚れられていたなんて・・・!

 

 

そんな弱みを握ってしまった(別のものも握ってしまった)虎尾。

 

 

衝撃の告白から、丹羽さんの態度が少し優しく変わるのかと思いきや、仕事とはちゃんと区別している模様・・・さすがです・・・!

 

 

弱みを握られても仕事はちゃんとする・・・大人ですね!!

 

 

それに対し、丹羽さんの扱い方を覚えてしまった虎尾!!こちらもさすがです(笑)

 

 

あざといですね〜〜( ´∀`)

 

 

どうすれば丹羽さんが動揺するかわかっていらっしゃる。

 

 

しかも、目下の楽しみがクソ上司を愛でることなんてなかなかに性格が曲がってしまっています(笑)

 

 

こんな人にコロコロされている丹羽さんキュートすぎます!!

 

 

そして最近どうしたんだよと不穏な様子・・・新しいキャラの登場でしょうか?!

 

 

まだまだ見どころが満載のこの漫画!!続きがどうなるのか早く読みたいです!

 

 

クソ上司はヤリ愛でるものと心得よ【第2巻】最新話を無料で読む方法

 

『クソ上司はヤリ愛でるものと心得よ』第2巻を、電子書籍サイトで無料で読む方法を調べてみました。(2021年1月25日現在)

 

電子書籍サイト 配信巻数 単価 無料で読めるかどうか
まんが王国 3巻まで配信 150pt 第2巻の無料試し読みあり
U-NEXT(ユーネクスト) 3巻まで配信 165pt 無料トライアルで600ポイント付与!最大3巻分を無料で読めます♪

 

2021年1月25日現在では、U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルで付与される600ポイントを使えば、最大3巻分を無料で手に入れることができますので、一番おススメの方法になります!

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は以下のリンクになりますので、気になる人はチェックしてみてください♪

 

▼30日間無料トライアルで600ポイントプレゼント!▼

 

 

 

次回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!