TL・BL特化の漫画最新ネタバレあらすじと感想をお届けしています。無料で読める方法も公開中!

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第5巻】最新話のネタバレあらすじと感想《くにしげ》

WRITER
 
一途なカレの猛獣セックス5巻
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~』第5巻のネタバレあらすじと読んだ感想をお届けします。

 

 

前回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

ちなみに、一途なカレの猛獣セックスの作者くにしげ先生の作品は、まんが王国で無料試し読みできますので以下チェックしてみてください!

 

 

▼無料試し読みはこちら!▼

※「一途なカレ」で検索すると出ます!

 

 

※全話まとめのリンク

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第5巻】最新話のネタバレあらすじ

 

いきなりかすみくんの母親に呼ばれたと思ったら、結婚することの反対と言われてしまって・・・

 

 

親のノリとテンションで決まってしまっていた政略結婚だったのに、今のこの状況を飲み込めないでいるかすみくんと華代。

 

 

「反対って・・・どういうことだよ」

 

 

二人の今一番思っている気持ちをかすみくんが代弁してくれた。

 

 

「華代さん、うちの愚息はあなたに夢中なようだけど、あなたがその気でないのなら今回の話なかったことにしていいと思っているの

「いくら会社のためとはいえ突然政略結婚なんて失礼な話でしょう?」

 

 

詳しく話を聞いてみると、かすみくんの母親は少なからずとも常識的な範囲での忠告をしてくれたようだった。

 

 

もしも、華代に結婚する気がないのなら破棄しても構わないと・・・

 

 

「最初は確かにそうだったかもしれません。でも今はかすみくんのことが本当に好きです」

「私にできることは少なくて、私はもらってばっかりだけど・・・」

「それでも彼と一緒にいたいんです」

 

 

かすみくんの手を取り、そう母親に宣言する。

 

 

「気持ちはわかったわ、そこまで言うなら覚悟を見せなさい」

 

 

かすみくんの母親はかすみくんが将来社長になり、華代が社長夫人になることまで見越して、この話を持ちかけたそうだった。

 

 

だからこそ、将来、社長夫人になるという覚悟を華代に示して欲しいというものだったのだ!!

 

 

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第5巻】最新話の感想

 

急展開にびっくりしました!

 

 

今まで政略結婚をよしとしていたノリとテンションが高い二人の両親がいきなり、結婚をやめてもいいんだよと・・・

 

 

どういうこと?!と思いましたが、内容を聞くと、親として自分の息子とその相手を心配するいい母親だなーということがわかった回でしたね。

 

 

しかも、ここで華代の気持ちはしっかりと固まっていて、かすみくんの前だけではなく、両親に対しても宣言しちゃうあたり、華代の方がイケメンなのでは?!と思ってしまいました(笑)

 

 

そして、意思を聞いた後の突如の試練!!!

 

 

覚悟をかすみくんの母親に見せるという!!

 

 

確かに将来的には社長夫人になりますからね・・・色々な教養も必要なのでしょう・・・

 

 

それでも覚悟を見せるということにはちょっと気が引けてしまいます。

 

 

これからどんな困難が待ち受けているのでしょうか?そして無事にかすみくんと華代は結ばれてくれるのでしょうか?!

 

 

早く続きが見たいですね!

 

 

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第5巻】最新話を無料で読む方法

 

『一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~』第5巻を、電子書籍サイトで無料で読む方法を調べてみました。(2021年2月10日現在)

 

電子書籍サイト 配信巻数 単価 無料で読めるかどうか
まんが王国 5巻まで配信 200pt 第5巻の無料試し読みあり
U-NEXT(ユーネクスト) 6巻まで配信 220pt 無料トライアルで600ポイント付与!最大5巻分を無料で読めます♪

 

2021年2月10日現在では、U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルで付与される600ポイントを使えば、最大5巻分を無料で手に入れることができますので、一番おススメの方法になります!

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は以下のリンクになりますので、気になる人はチェックしてみてください♪

 

▼30日間無料トライアルで600ポイントプレゼント!▼

 

 

 

次回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!