TL・BL特化の漫画最新ネタバレあらすじと感想をお届けしています。無料で読める方法も公開中!

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第4巻】最新話のネタバレあらすじと感想《くにしげ》

WRITER
 
一途なカレの猛獣セックス4巻
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~』第4巻のネタバレあらすじと読んだ感想をお届けします。

 

 

前回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

ちなみに、一途なカレの猛獣セックスの作者くにしげ先生の作品は、まんが王国で無料試し読みできますので以下チェックしてみてください!

 

 

▼無料試し読みはこちら!▼

※「一途なカレ」で検索すると出ます!

 

 

※全話まとめのリンク

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第4巻】最新話のネタバレあらすじ

 

見知らぬ怖いおじさんに今まさに殴られようとしているその時、かすみくんが花代を庇って背を向けた!

 

 

しかし、避けることまではできない・・・

 

 

『やだ!殴られ・・・ッ!!』

「いい加減になさい!!!」

 

 

と大きな声とともに、パッコーンという響きのいい音がして、その方向を見ると、綺麗なお姉さんのヒールでさっきのおじさんが殴られていた!

 

 

しかも一撃でその人は床に倒れてしまい・・・

 

 

「まったく・・・これぐらいで殴られるなんて鍛え方が足りないんじゃないかしら」

「そう思わない?かすみ」

 

 

華代は見知らぬ人の登場と、その人がかすみくんの名前を読んでいたことに驚きを隠せずにいた。

 

 

「お・・・お袋・・・?!」

「なんでお袋がここに?!何か知ってるのか?!」

 

 

この人がかすみくんのお母さんだということを知って華代は驚いているが、かすみくん本人は母親の登場と今回の暴行の因果関係を知りたがっていた。

 

 

「自分の親のことを誰がそんな呼び方していいって躾けたのかしら?」

 

 

するとそう言いながら、またもやヒールでスパーンといい音を響かせながら今度はかすみくんの頭を引っ叩いた。

 

 

何がなんだかわからない華代。するとさっきまで華代たちを襲っていた人が

 

 

「やあ奥様!ご無沙汰しております」

「あのバカに付き合って貰っちゃってごめんなさいね」

 

 

なんて楽しそうに世間話をしていて・・・ボロボロにされた当事者2人は頭にはてなマークがたくさん浮かんだままだったが・・・!?

 

 

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第4巻】最新話の感想

 

前回の最後から、怖い人に絡まれて、しかも今回はしょっぱなから大ピンチ!!どうなってしまうの?!と思っていましたが、そこでまさかのかすみくんの母親の登場(笑)

 

 

助かったのも束の間、次々に疑問が浮かびますよね。

 

 

なんでいるのっていう(笑)すごくかすみくんがかわいそう(笑)私も読んでいてこの展開頭が追いつけませんでした( ̄▽ ̄)

 

 

そしてお母さんかなりの強者で・・・ヒール一撃で倒すなんて、虫じゃないんだから・・・と笑いながら読んでしまいました。

 

 

しかし、なんだか怖いおじさんと両親と深い関わりがありそうです・・・もしや結婚に到達するための試練・・・?

 

 

この後もどんな展開になっていくのか予想もつきませんね!ただのTL漫画ではなく、様々な登場人物が出てきて因果関係もはっきりしているのもまた興味が尽きません!!!

 

 

続きをすぐ読みたいです!

 

 

一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~【第4巻】最新話を無料で読む方法

 

『一途なカレの猛獣セックス~婚約者は絶倫ヤンキー!?~』第4巻を、電子書籍サイトで無料で読む方法を調べてみました。(2021年2月10日現在)

 

電子書籍サイト 配信巻数 単価 無料で読めるかどうか
まんが王国 4巻まで配信 200pt 第4巻の無料試し読みあり
U-NEXT(ユーネクスト) 6巻まで配信 220pt 無料トライアルで600ポイント付与!最大4巻分を無料で読めます♪

 

2021年2月10日現在では、U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルで付与される600ポイントを使えば、最大4巻分を無料で手に入れることができますので、一番おススメの方法になります!

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は以下のリンクになりますので、気になる人はチェックしてみてください♪

 

▼30日間無料トライアルで600ポイントプレゼント!▼

 

 

 

次回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!