TL・BL特化の漫画最新ネタバレあらすじと感想をお届けしています。無料で読める方法も公開中!

結婚したので、セックス有休ください!【第4巻】最新話のネタバレあらすじと感想《はなむらおにく》

WRITER
 
結婚したので、セックス有休ください4巻
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『結婚したので、セックス有休ください!』第4巻のネタバレあらすじと読んだ感想をお届けします。

 

 

前回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

ちなみに、結婚したので、セックス有休ください!の作者はなむらおにく先生の作品は、まんが王国で無料試し読みできますので以下チェックしてみてください!

 

 

▼無料試し読みはこちら!▼

※「セックス有休」で検索すると出ます!

 

 

※全話まとめのリンク

結婚したので、セックス有休ください!【第4巻】最新話のネタバレあらすじ

 

有休のはずなのに連日出社する二人・・・結婚してもその姿は変わらない。

 

 

しかしある日、君たち働きすぎだと、上司から指摘される。

 

 

さらに10日間の有休のうち、5日間を消化するようにと神のようなお達しがあった・・・!

 

 

その期間を利用して、急遽新婚旅行へ!!

 

 

「起きろ、着いたぞ」

 

 

電車から降り、今日の宿にたどり着いても理央の心は浮かれ切ってしまったいた。

 

 

閑静な都内の宿。きれいな和室で先輩と宿の女将が世間話をしている。

 

 

「まあ新婚旅行で」

「本当は海外へ行く予定だったんですがお互い働きづめで同じ都内でゆっくりした方が妻への負担も少ないかと思いまして」

 

 

何気ない女将さんとの会話だったが、理央はもう「妻」と言う言葉が脳内で永遠にループされていた。

 

 

人前で妻と紹介されたことが嬉しくて、脳内にお花畑が出来上がり、舞い上がってしまっていた・・・!

 

 

「聞いてんのかこら」

 

 

と先輩に頬をつままれ、やっと現実に呼び戻される。

 

 

女将さんもすでに説明を済まして退出してしまっていた。

 

 

しかし、あまりにも先輩の考慮が幸せでどうしてもにやけてしまう理央。

 

 

ヘラヘラしながら先輩との時間を過ごしていると・・・!?

 

 

結婚したので、セックス有休ください!【第4巻】最新話の感想

 

今回はやっと有休の正しい使い道をしていましたね!

 

 

突然の上司のお達しによる新婚旅行!ナイス上司!心も体も潤っている様子で何よりでした!

 

 

そして「妻」ワードに舞い上がってしまう理央がとても可愛いですね。

 

 

確かに今まで憧れだった人となんやかんやで結婚することになって、婚約者がいる事実を知らされながらも、最終的にはその人から妻と紹介されるのは最高でしかないですよね!!

 

 

とても理央に共感しました!妻って呼ばれてみたい〜( ´∀`)

 

 

そして今回、私が特にいーなーと思ったのが、先輩の優しさです・・・!

 

 

なにげなさすぎて、スルーされがちですが、先輩が理央を起こしたりする時、必ず頬をつねるんですよね!

 

 

これって一見意地悪に見えてしまいますが、恋人とかそれこそ妻にしか許されない距離感だと思ってかなりキュンキュンしました!

 

 

この新婚旅行、出だしはふわふわモードでスタートしましたが、なにも起こらないはずがないですよね!

 

 

どんなエッチな展開が待ち受けているのか、どんなハプニングが待ち受けているのか、続きが楽しみですね!

 

 

どうにか二人が新婚旅行を楽しめますように・・・!

 

 

結婚したので、セックス有休ください!【第4巻】最新話を無料で読む方法

 

『結婚したので、セックス有休ください!』第4巻を、電子書籍サイトで無料で読む方法を調べてみました。(2021年2月10日現在)

 

電子書籍サイト 配信巻数 単価 無料で読めるかどうか
まんが王国 7巻まで配信 150pt 第4巻の無料試し読みあり
U-NEXT(ユーネクスト) 7巻まで配信 165pt 無料トライアルで600ポイント付与!最大4巻分を無料で読めます♪

 

2021年2月10日現在では、U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルで付与される600ポイントを使えば、最大4巻分を無料で手に入れることができますので、一番おススメの方法になります!

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は以下のリンクになりますので、気になる人はチェックしてみてください♪

 

▼30日間無料トライアルで600ポイントプレゼント!▼

 

 

 

次回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!