TL・BL特化の漫画最新ネタバレあらすじと感想をお届けしています。無料で読める方法も公開中!

キスでふさいで、バレないで。【第3巻】最新話のネタバレあらすじと感想《ふどのふどう》

WRITER
 
キスでふさいで、バレないで。3巻
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『キスでふさいで、バレないで。』第3巻のネタバレあらすじと読んだ感想をお届けします。

 

 

前回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

 

ちなみに、キスでふさいで、バレないで。の作者ふどのふどう先生の作品は、まんが王国で無料試し読みできますので以下チェックしてみてください!

 

 

▼無料試し読みはこちら!▼

※「キスでふさいで」で検索すると出ます!

 

 

※全話まとめのリンク

キスでふさいで、バレないで。【第3巻】最新話のネタバレあらすじ

 

「しおやさん・・・っ」

 

 

お風呂場に連れ込まれ、塩谷さんに全身を舐められ、頭が真っ白になってしまう楓。

 

 

キスをされ、

 

 

『私、塩谷さんになら・・・』

 

 

と働かない頭でぼんやりと考えていたとき、後ろから塩谷さんのモノを押しつけられ・・・

 

 

「拒否しなくていいの?」

 

 

その言葉に我に返り、自分は何をしようとしていたのだろうと、急いでお風呂場から出ていく楓・・・一人ポツンと残された塩谷さんは自分がとっさに言ってしまった言葉に少し後悔している模様だった。

 

 

次の日、昨日のお風呂場の塩谷さんの言葉を思い返しては、素直に受け入れてしまった自分を塩谷さんは軽い女だと思っているんじゃないかと落ち込んでいた楓。

 

 

誤解を解きたいが、塩谷さんからも何も言ってこないし、自分からも何も言えずに日々を過ごしていた。

 

 

そして日に日に仕事が忙しくなり、ほとんど毎日残業してしまう状況。チャンスは遠ざかっていってしまう・・・

 

 

そんなとき、運がいいのか悪いのかその残業中に塩谷さんにばったりとあってしまう。

 

 

あの日の出来事の誤解を解こうとした楓よりも塩谷さんが先に謝って来た。

 

 

話を聞くと、拒まなかった楓を軽蔑して距離をとっていたわけではなく、彼女が上司の溝口さんのことを好きだと勘違いして自分は近づかない方がいいと思っていたのだという。

 

 

その話を聞いて溝口さんに対してむしろ苦手意識があった楓は

 

 

「ありえません!!」

 

 

ときっぱりと否定した。

 

 

そしてその勢いに任せて塩谷さんに対する本当の気持ちを伝えようとしたとき、警備員が来てしまって、またチャンスを逃してしまう・・・

 

 

「佐藤さんはえらい、よく頑張ってる」

 

 

連日の残業続きに疲れ切っていた心が塩谷さんの言葉と頭の上の手によってじわじわと溶かされていくような感覚がして楓は涙が溢れ出たが・・!?

 

 

キスでふさいで、バレないで。【第3巻】最新話の感想

 

塩谷さんお風呂場であんなこと言わなければ素直にことが進んでいたのにー!!という正直な感想です(笑)

 

 

今回はエッチな回というよりはそれぞれの心情に寄り添った回でしたね。

 

 

塩谷さんの楓に対する誤解が解けてよかったです。これでやっと物語が進展しそうですね。

 

 

しかも塩谷さんの優しさが胸に滲みます・・・女の子が辛い時にこんなことをしてくれる人がいたらもう、好きになってしまいますよね!!

 

 

誤解が解けたことだし、次回から猛スピードで展開していくのでしょうか?

 

 

塩谷さんと楓早くくっついて欲しいですね!まだまだ目が離せません!!

 

 

キスでふさいで、バレないで。【第3巻】最新話を無料で読む方法

 

『キスでふさいで、バレないで。』第3巻を、電子書籍サイトで無料で読む方法を調べてみました。(2021年2月21日現在)

 

電子書籍サイト 配信巻数 単価 無料で読めるかどうか
まんが王国 4巻まで配信 150pt 第3巻の無料試し読みあり
U-NEXT(ユーネクスト) 4巻まで配信 165pt 無料トライアルで600ポイント付与!最大3巻分を無料で読めます♪

 

2021年2月21日現在では、U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルで付与される600ポイントを使えば、最大3巻分を無料で手に入れることができますので、一番おススメの方法になります!

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は以下のリンクになりますので、気になる人はチェックしてみてください♪

 

▼30日間無料トライアルで600ポイントプレゼント!▼

 

 

 

次回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!