TL・BL特化の漫画最新ネタバレあらすじと感想をお届けしています。無料で読める方法も公開中!

キスでふさいで、バレないで。【第2巻】最新話のネタバレあらすじと感想《ふどのふどう》

WRITER
 
キスでふさいで、バレないで。2巻
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『キスでふさいで、バレないで。』第2巻のネタバレあらすじと読んだ感想をお届けします。

 

 

前回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

 

ちなみに、キスでふさいで、バレないで。の作者ふどのふどう先生の作品は、まんが王国で無料試し読みできますので以下チェックしてみてください!

 

 

▼無料試し読みはこちら!▼

※「キスでふさいで」で検索すると出ます!

 

 

※全話まとめのリンク

キスでふさいで、バレないで。【第2巻】最新話のネタバレあらすじ

 

『も・・・だめ、我慢できないッ・・・!』

 

 

まさかの会社の苦手な上司の溝口さんと憧れの塩谷さんがシェアハウスしていた事実に慌てた楓。

 

 

溝口さんの帰宅に慌てて塩谷さんとクローゼットに隠れたものの、キスをされながら気持ちいいところを触られ続け楓は限界を迎えていた。

 

 

しかし、溝口さんはケータイの充電器を探しにクローゼットの近くまできている模様・・・!

 

 

我慢できなくて、ついにイってしまった楓だが、運よく溝口さんが引っかかった荷物の崩れる音と重なって、クローゼットにいることはバレなかった。安心した楓は塩谷さんに半剥きにされているのにもかかわらず眠ってしまった・・・。

 

 

「おはよう」

 

 

翌朝、目の前には塩谷さんの姿が。何が起きているのか理解ができず、昨日の記憶をゆっくり呼び覚ましてみると、昨日のクローゼットのことが・・・!

 

 

まだ眠いかと塩谷さんに聞かれる楓だが、もうすっかり目が覚めてしまった・・・

 

 

一度自宅に戻り、会社に向かう途中、なぜ塩谷さんがあんなことをして来たのかがずっと気になってしまう楓。

 

 

本人に直接聞きたいけれど、会社内で様子を見ても顔色一つ変えずついには欲求不満な自分が作り出した妄想じゃないかと思って来てしまう。

 

 

流石に見かねた塩谷さんにどうかしたかと話しかけられるが、昨日の事はなんだったんですかなんて言えるはずもなく、溝口さんとシェアハウスしていることの経緯を無難に聞き出した。

 

 

そして、現在、塩谷さんには彼女がいないことも・・・!!歓喜!!!!

 

 

仕事中、塩谷さんのところに届け物をしに行った楓。

 

 

塩谷さんをみることにも少し期待をしていたが、溝口さんがその場にいてギョッとしてしまう。

 

 

一方、塩谷さんも楓に気づいていたが溝口さんに視界を遮られて、最悪な気分。

 

 

「女連れ込むのもいいけど気を付けろよ」

「パンツ洗面所に忘れてたぞ」

 

 

昨日のことの驚きのあまり、パンツを忘れてしまったことに気づいた楓!!

 

 

なんとかして取り返さなければならないが、無事に回収できるのか!!

 

 

キスでふさいで、バレないで。【第2巻】最新話の感想

 

楓ちゃん・・・パンツ忘れるのはやばいですね(笑)

 

 

実際にやってしまったらかなり恥ずかしいと思います。

 

 

穴があったら入りたいくらい・・・しかも気づかない塩谷さん、彼も相当浮かれていたのでしょうか・・・

 

 

まだまだ二人の関係は両思いなのかどうかはわからないですが、そこに溝口さんが絡んできそうな予感がしますね!!

 

 

三角関係に発展するのでしょうか・・・!続きがとっても気になります!

 

 

キスでふさいで、バレないで。【第2巻】最新話を無料で読む方法

 

『キスでふさいで、バレないで。』第2巻を、電子書籍サイトで無料で読む方法を調べてみました。(2021年2月21日現在)

 

電子書籍サイト 配信巻数 単価 無料で読めるかどうか
まんが王国 4巻まで配信 150pt 第2巻の無料試し読みあり
U-NEXT(ユーネクスト) 4巻まで配信 165pt 無料トライアルで600ポイント付与!最大3巻分を無料で読めます♪

 

2021年2月21日現在では、U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルで付与される600ポイントを使えば、最大3巻分を無料で手に入れることができますので、一番おススメの方法になります!

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)は以下のリンクになりますので、気になる人はチェックしてみてください♪

 

▼30日間無料トライアルで600ポイントプレゼント!▼

 

 

 

次回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!