TL・BL特化の漫画最新ネタバレあらすじと感想をお届けしています。無料で読める方法も公開中!

年下同期はイジワルで一途~私たち、始業直前までHしてました…【第1巻】最新話のネタバレあらすじと感想《ヤマト蛍》

WRITER
 
年下同期はイジワルで一途~私たち、始業直前までHしてました…1巻
この記事を書いている人 - WRITER -

 

『年下同期はイジワルで一途~私たち、始業直前までHしてました…』第1巻のネタバレあらすじと読んだ感想をお届けします。

 

 

ちなみに、年下同期はイジワルでの作者ヤマト蛍先生の関連作品は、U-NEXTの無料トライアルで無料で読めますので以下チェックしてみてください!

 

 

▼人気漫画を無料で読みたい人必見!▼

※31日以内の解約で完全無料で読めます♪

 

 

※全話まとめのリンク

年下同期はイジワルで一途~私たち、始業直前までHしてました…【第1巻】最新話のネタバレあらすじ

 

「おはよ」会社には朝早くから仕事に励む椿と真澄。

 

 

椿は胸元のボタンのかけ間違いをしていて、真澄は胸元に可愛いハンカチを持っているなど不自然なところが多々見られた。

 

 

・・・言えない!さっきまでこいつとエッチしてたなんてっ!!

 

 

こうなったのには理由がある。

 

 

3徹してやっと完成させたプレゼンの資料のおかげで新規プロジェクトのリーダーに選ばれた椿。

 

 

年下同期の真澄に軽口を叩かれながらも残業していると、今日はかなり詰め込んで泊まり込みの作業になることが確定してしまった!

 

 

しかも、その上効率よく寝るためにと一つの仮眠室のベッドに二人で寝ることに!!

 

 

最初は不自然な状況にすっかり動揺してしまった椿。

 

 

「ええい!意識するな!あたしは今一人で寝てる!」

 

 

そう思い、狭いベッドでゴロゴロ寝返りを打っていると・・・

 

 

ノーブラの状態で隣にいる真澄の背中に胸を押しつけてしまった!

 

 

やばいと思いながら、彼は気づいていないことにしようとして気を取り直して寝ようとすると、

 

 

「・・・椿ちゃんさあ ちょっと無防備すぎない?」

 

 

まずい、起きてた!!!その後に次々とむかつくことを言われ、イライラと共に小言を言っていると、真澄に不意に抱きしめられた!

 

 

「勃ったんだけど」

 

 

はっ?!

 

 

「椿ちゃん言ったよね?仕事外なら何してても知ったことじゃないって」

 

 

「だったら始業前の今は俺の好きにしていいってことでしょ?」

 

 

「このままじゃ始業できないから椿ちゃんで抜かせてね」

 

 

理不尽なことを言われ、遠慮なしに胸を揉まれたりいろんなところを触られてしまう椿!

 

 

施行直前なのに、抗いたいのに、意地悪に迫られて感じてしまう自分もいて?!

 

 

今まではライバル的ポジションにあった二人だが、一夜にして代わってしまった関係!

 

 

これから二人はどうなってしまうのか!真澄の本当の意図とは?!

 

 

年下同期はイジワルで一途~私たち、始業直前までHしてました…【第1巻】最新話の感想

 

とにかく美男美女カップルです!

 

 

同期同士で、椿は真澄をライバルとして意識していて本音を言い合える関係なのがとても可愛らしくて素敵でした!

 

 

また、真澄は第一印象はチャラそう。(笑)そして真意が読めない、かなりミステリアスな男性だなーという印象でした。

 

 

しかも、真顔で「勃ったんだけど」なんて言ってしまうのは絶対寝る前から策略があったんじゃ?!と読んでいて思ってしまいました。(笑)

 

 

そして絵が素敵です!!特に椿が迫られて感じているシーンの表情は最高にエロいです!

 

 

この二人がこれからどうなっていくのか楽しみですね!

 

 

年下同期はイジワルで一途~私たち、始業直前までHしてました…【第1巻】最新話を無料で読む方法

 

 

『年下同期はイジワルで一途~私たち、始業直前までHしてました…』第1巻の最新話は、コミックフェスタで読むことができます!

 

 

ただ、発売されてからまだ時間がたっていないため、すべてを無料で読む方法は今のところない状況です。

 

 

ですが、年下同期はイジワルでの作者であるヤマト蛍先生の他の作品は、以下の電子書籍サイトで無料&お得に読むことができますので、是非チェックしてみてください♪

 

 

無料&お得に読める!ヤマト蛍先生の関連作品

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

 

 

次回のネタバレはこちらから

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!