アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで妊娠を回避することができます。当サイトではアスターピルの使用方法や役割について説明していきます。

  • ホーム
  • 避妊に成功する為の方法とマナー

避妊に成功する為の方法とマナー

病院室

妊娠を望んでいない時にはしっかりと避妊をしなければいけません。そして避妊に成功する為にはまず男性側がコンドームを装着するのが基本と言えるでしょう。
コンドームの装着はマナーでもありますし、特に妊娠をしたくないと女性側が考えている場合はその意志を汲み取ってあげることが大事です。
快楽を求めて未装着の状態で性行為をするケースも少なくないようですが、そういった場合は妊娠する可能性が出てしまいますので十分に注意しなければいけません。
妊娠をしない為にはコンドームを装着するのが基本ですが、しかし膣外射精をすれば問題ないという間違った認識をしていることも少なくないようです。
膣内で射精をした時と比較すると妊娠する可能性は低くなるかもしれませんが、膣外射精をした場合でも妊娠をしてしまうケースも珍しくありませんし、そもそも膣外射精は避妊でも何でもないのです。
誤った考え方ですので、もしもの可能性があることを理解しておくようにしましょう。
妊娠をしてしまうのが不安な場合はピルを服用するのが無難と言えます。
ピルは正しく使用すれば高い確率で妊娠を予防することができます。
ピルを使用するかどうかによって妊娠の可能性はまるで違ってくると言っても過言ではありませんので、妊娠を希望していない場合は率先して使用するようにした方が良いと言えます。
ただし飲み忘れがあったりすると効果が違ってきますので、計画的に使用するのが失敗しない為のポイントです。
しっかりと避妊をする為にはカップルで協力することも大事ですからお互いの問題として考えてみることが大切です。
そして望まない妊娠をしない為にもその時の勢いだけで性行為に走ったりしないように注意した方が良いと言えます。

サイト内検索
人気記事一覧