アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで妊娠を回避することができます。当サイトではアスターピルの使用方法や役割について説明していきます。

  • ホーム
  • 病院で避妊薬を購入時は自費になる?

病院で避妊薬を購入時は自費になる?

病院室

避妊薬であるピルやアフターピルは通販で買えるのです。
海外から個人輸入して購入することが可能ですが、基本的には婦人科などで処方してもらうのが普通です。
内科などでも処方してもらうことはできますが、話が通じなかったりピルに対して否定的な医師もいるので婦人科で処方してもらうのが良いでしょう。
医療機関でピルを処方してもらう場合は、保険適用はできないので自費になります。
ピルは避妊目的の服用が一般的で、命にかかわる治療や病気のよるものではないので保険適用できないのが通常です。
クリニックによって料金設定は異なるの何とも言えませんが、初診料、検査料、処方料などを含めると1万5千~2万程度かかることもあります。
ネット通販の場合、個人責任になりますが薬の費用だけなので安価で済むため、慣れてくるとネットで購入する人もいるようです。
ただ、ピルの処方であっても場合によっては保険適用ができることもあります。
重い生理痛やPMS、子宮内膜症などで悩んでいて、その症状を緩和させるためにピルの服用をするのであれば、病気の治療と認定されて保険適用が可能になります。
すべてのクリニックで適用できるわけではないので、あらかじめ婦人科で相談したり確認しておくのが良いでしょう。
実は、日本でのピルの服用率が欧米諸国に比べて低いのは費用の面というのも否めません。
イギリスなどでは、無料で手に入れることが可能なので年頃になると女性は誰でもピルの服用について考えるようですが、日本ではそこまで簡単に手に入れることができないため、避妊せずに膣会社制などで性交渉を行う若者が多いと言われています。
ピルが薬局や保険適用でも簡単に購入できるようになれば、女性が積極的に避妊をする機会を持てるようになればピルの普及率も上がるのではないでしょうか。

サイト内検索
人気記事一覧