アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで妊娠を回避することができます。当サイトではアスターピルの使用方法や役割について説明していきます。

  • ホーム
  • 病院で避妊薬を購入するときに注意事項

病院で避妊薬を購入するときに注意事項

考える女性

病院で避妊薬を購入する際に注意すべき点がいくつかあります。
まず、避妊薬は要指示薬となっているので医師の処方箋がないと購入出来ないという事です。
病院へ行き医師に処方してもらう必要があります。
次に、避妊薬は誰でも使用可能な訳ではないという事です。
避妊薬に対して過敏性素因のある方、妊娠または妊娠の可能性のある方、授乳中の方、その他特定の疾患や既往歴のある方に投与してはいけないという決まりがあります。
これらは細かく定められており、また投与可能であるかを慎重に見極めなければならないケースもあるため病院でしっかりと医師の診察を受ける事が重要になってきます。
また、避妊薬を処方してもらった場合は数カ月に一度の通院が必要になってきますので、病院はなるべく自宅から近く通いやすい場所であることが望ましいです。
毎回きちんと通院して診察を受け正しく使用するためにも、通いにくい立地にある病院は避けておくのが無難です。
そして、病院で避妊薬を購入するときにかかる費用は基本的に保険が適用されないので注意が必要です。
ただし全て自費かというとそうでない事もあります。
病院によっては避妊薬の処方に必要な検査の一部を保険適用とするところもありますので、保険証は念のため持っていっておくと安心です。
処方のために受けた検査で何か疾病が見つかる事もありますし、その場合の治療費には当然保険が適用されますので、そういった側面からみても保険証は持っていっておいた方が良いです。
避妊薬というのはその性質から女性にとってデリケートなものでありますので、やはり信頼できる医師のいる病院へ行くという事がまず大切になってきます。
上記の注意点を踏まえつつ、そういった観点からも注意して病院選びを行いましょう。

サイト内検索
人気記事一覧