アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで妊娠を回避することができます。当サイトではアスターピルの使用方法や役割について説明していきます。

  • ホーム
  • 中学生に普及している避妊法の問題点

中学生に普及している避妊法の問題点

カプセル

近年は大学生や高校生の間における性交開始の低年齢化がストップする傾向があります。
しかし中学生で性交を経験する割合は未だ数%は報告されており、周囲に伝えていない中学生を含めれば決して少なくないと言えます。
20歳未満の人工中絶は増加しており、性交に関するリスクを詳しく知っていないケースも多いです。
妊娠した中学生の相談相手は、交際相手や友人などで互いが妊娠の対処法を知りません。
低年齢での中絶や出産はどちらも危険なものであり、周囲の大人が性知識を教える必要があります。
中学生に普及している避妊方法はコンドームです。コンドームは性感染症を予防することもでき、性交の回数が多い若者に正しい使い方を教えることは大人の責任でもあります。
コンドームの国内出荷数は減少しつつありましたが、少子高齢化社会でも普及率が増加しているのは、性行動が盛んな若者が消費しているためと考えられています。
中学生はまだ月経の周期が安定していません。
月経の開始予定日を特定したり、排卵日をぴったりに当てることができないおで、基礎体温で妊娠しにくい期間を割り出す避妊法は不適切です。
交際相手と婚姻関係ではないため、確実な避妊方法としてコンドームが適しています。
ただしコンドームは性交中に破損したり外れたりすることがあり、完全に成功するものではありません。
一般的な装着方法でも15%程度が妊娠してしまいます。
そこで、普及されるべきと言われるようになったのが低用量ピルです。低用量ピルは経口避妊薬のことで、配合したホルモン量が少ないので安全性が高いです。
世界では40年以上も避妊法として利用されていますが、日本では普及率3%と低いのが現状です。

サイト内検索
人気記事一覧